2010年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

猫の幸福論。

こにゃにゃちわ。今日から12月ですね~。
でっちどんにもらったモラ合キノタラちカレンダーもいよいよ最後のページ(´・ω・`)
IMGP2072_20101201122323.jpg
でっちどん、もし来年のも作るんだったらなつ姉の分も刷ってもらえるとウレシイなー。モチロン代金お支払いしますのでっ(´∀`)

みなさま、いつもご訪問&コメント本当にありがとうございます(´∀`)
ここ3ヶ月ほどお返事がまったくできず申し訳ないです(´・ω・`)
時間的な制約で、更新とみなさんのブログへの訪問でいっぱいいっぱいですが、みなさまからのコメントはいつも楽しく、大切に
読ませていただいてます。
来ていただいたみなさんの所にも毎日全然回りきれてなくて本当に申し訳ないです。
仕事中、さすがにコメントは残せないけどコッソリ読み逃げしております。
こんな不義理ななつ姉ですが、今後とも何卒ご贔屓に~┐(´∀`)┌



昨日はなぜお昼休みに巡回できなかったかというと…

会社の同僚と廻らないシースーを食べに行っていたからなのですヽ(´∀`)ノ
『にぎり1.5人前 お味噌汁つき』 900円(税込)
IMGP2020.jpg


おいしかったけど、さすがにこの量で900円だけあってご覧のとおりあんまり豪華なネタはないです(´・ω・`)
しかも先週末小田原で回転寿司食べたばかりだったので感激もやや薄く…(笑)
『都内の江戸前寿司店のランチよりも小田原の回転寿司のほうがはるかに新鮮で美味である(爆)』という結論に至りました┐(´д`)┌





さて、昨日の記事に対して、「そうじろうが童顔」っていうコメントを多くいただきましたが…

横から見ても…
ぷっくりな口元。
IMGP2028.jpg


前から見ても…
「リヴさん、はやくコタツ買えよー。」
IMGP1861_20101201125310.jpg


そうじろうはベビーフェイスのジャイアンですよ?みなさんご存知なかった??┐(´∀`)┌


今日はなんだかまとまりのない内容だけど、もう一つお話が。

実は先週の火曜日から日曜日まで、ケモノ家にはある猫さんがいました。
推定5~6歳の♂の白黒ちゃんですよー。ハナクソ模様がチャームポイントw
IMGP1830_20101201122607.jpg
ケージは急遽はるまきさんにお借りしました。はるまきさん、ありがとうございました(´∀`)

この猫さん、ケモノ母の職場に現れるお外の猫さんです。
ケモノ母と職場のもう一人の人がごはんをあげていたのですが、先々週あたりから目を真っ赤に腫らし、口呼吸しかできないくらい
お鼻もズビズビ。
ひどい風邪をひいてしまっていました。
もう一人の人が病院に連れて行って3日間入院し点滴等で少し良くなったので、その人は猫さんを退院させて元の場所に
放そうとしていました。あまり長く入院させるとそれなりに費用もかかるしね。
でもまだ鼻がつまって口呼吸してるし、どう見ても本調子ではなさそう。
それで、このままこの寒空に放したら肺炎にでもなって死んじゃうかもしれないと思ったケモノ母がケモノ家に連れて来たのです。
はるまきさんからフードも援助していただきました。・゚・(ノ∀`)・゚・。アリガトウゴザイマス
IMGP1844.jpg IMGP1838.jpg
ケモノ家のかかりつけの病院に連れて行き、目薬と飲み薬をもらってきました。

風邪は空気感染するので別の部屋で隔離して療養してもらってたのですが、ケージを開けた途端に外に飛び出してしまいました。
幸い部屋のドアは閉めておいたので部屋の外に出ることはなかったのですが、押入れの中に立てこもったまま怯えて
出てこなくなってしまいました(´・ω・`)
ケージに入ってもらうために捕まえようとすると「フシャーッ!!」って言いながら部屋じゅう逃げ回り、よっぽど怖かったのか
おもらしはするし、お尻からクサイ汁まで出ちゃうほど。
お外にいるときは抱っこもできるくらいとっても穏やかで懐っこくて、ケモノ母がよく「あの子をうちに連れて来たい」って
言ってたくらいのおっとり猫さんなのですが、やっぱり急な環境の変化でパニックになっちゃったんでしょうね。
そのあと、もうこれ以上ケモノ家にいてもらっても逆にかわいそうだねっていうことになり、お天気が良くて暖かかった
日曜日に元いた場所にリリースしてきました。

ケモノ家に連れて来る前にケモノ家のかかりつけの病院に連れて行ったとき、先生が「お外の猫さんがみんな不幸だとは一概には
言えないと思う」と言っていました。
「もちろんおうちの中は暖かいし、病気の面でも事故の面でも安全っていうメリットはある。
でも、自由気ままなお外の生活もそれはそれで幸せな面もあるかもしれないって僕は思ってます。」って。

今考えると、先生が言ってたのはこうなることを見越してのことだったのかもなぁって思います。
風邪を治してあげることが第一の目的だったから今回保護して家に連れて来たこと自体は後悔してないけど、怖い思いを
させてかわいそうだったなぁって。
やっぱり大人のお外の猫さんをおうちに入れるって、なかなか難しいことなんだなって痛感しました。
今回のことはとてもいい勉強なりました┐(´∀`)┌

ちなみにこの猫さん、リリースした翌日の月曜日ケモノ母が出勤すると、いつもどおり職場に現れたそうです(´∀`)



☆おまけ☆

【帰ってきたナナアニ検定w】
「ドン子センパイ、まあ子もちょっとホッソリさんなの。ウフ」
IMGP1923.jpg


それはどうかなぁ(;´∀`)


スポンサーサイト
web拍手

| 未分類 | 12:20 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。