2010年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カワイイあの子は金食い娘。

突然ですが、問題です。
PICT0246.jpg


この子は一体誰でしょう?
PICT0247.jpg

わかるぅ?
PICT0252.jpg

ほらぁ、あたちよぉ。
PICT0253.jpg


正解は…

なつです(´∀`)
2005年12月。生後4ヵ月頃。この年の冬はとても寒かったので、家の中でも服を着せてました。
仕事から帰ると脱ぎ捨ててありましたけど。。。

PICT0249.jpg

生後6ヵ月でちょっと遅いお散歩デビュー。
DSC00121.jpg

子犬の頃は、キツネみたいにフッサフサのシッポをしてました。
DSC00125.jpg


生後8ヵ月で避妊手術を受けたのですが、手術のためにお腹の毛を丸刈りにしたところお腹の皮膚が真っ赤に
なっていたことから、現在のかかりつけの病院の先生に「この子はおそらく重度のアレルギー体質だから、
できれば(アレルギーの)血液検査を受けることをお勧めします。」と言われました。
生後8ヵ月頃。もうアレルギーの症状が顔に出始めています。
DSC00130.jpg


それ以来、血液検査で食べても問題ないと判断されたアレルギー対応の療法食を食べています。
(これが3kg4,000~5,000円もします。。。)

その後も症状がひどかったなつ。
「効くかどうかはイチかバチかの賭けになるけど…」と、体質改善の「インタードッグ(犬用インターフェロン)」の注射を薦められました。
動物のお薬って体重によって変わりますが、この注射、その当時のなつの体重だと一本約10,000円。
しかもそのインタードッグ治療の初めは、一週間に3回、それを4週間続けて打つ必要があると説明されました。

約10,000円×3回×4週間=約120,000円…((´д`))ヒィィィ~

さらにそのあとも、症状が落ち着くまでしばらくは一ヶ月に一回打つことになる、と言われました。

諭吉が一枚 諭吉が二枚 諭吉が三枚…

次々に諭吉が飛んでいきました。

でも、療法食とインタードッグ治療のおかげで、それまでは季節に関係なく出ていたアレルギー症状が、
ほぼ夏の蒸し暑い時季だけにしか出なくなりました。
先生によると、このインタードッグ治療でここまで効果が出るワンちゃんは珍しいそうです。

でもやっぱり今の時季は辛そうです。
IMGP7910.jpg


それでも、夏場以外でも食べ物が微妙に合わなかったり体調が悪かったりすると症状がぽこっと出たりするので、
そういうときの治療代も含めると、なつには今まで一体いくらお金がかかったかわかりません(汗)

そんな金食い娘ですが、本日8月17日、5歳の誕生日を迎えました。
今朝のなつ。アレルギーでひどい顔です。お見苦しくてスミマセン(汗)
IMGP7902.jpg


まだしばらく暑くて辛い時季が続くけど、今年もがんばって乗り切ろうね(´∀`)
IMGP7899.jpg


ちなみに、とっても気が強くて跳ねっ返りのなつですが、死にかけたセミさんとバイクが大嫌いです(笑)
特にセミさんはあの「ジジジッ」っていう羽音と、予測不能な断末魔の動きが嫌みたい…
あら、下僕2さんと一緒ねゲフンゲフン
スポンサーサイト
web拍手

| 未分類 | 00:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。