2009年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

猫との出会い④

嫌がってもがくつくしとつかさに2種類の目薬を点し、手をベタベタにしながら喉の奥にシロップを流し込む日々が
しばらく続き、2匹の風邪は良くなっていきました。
私は「薬担当」として毎日朝晩薬をあげていたので「嫌なことをする人」として子猫たちに嫌われてしまうの
では…と心配していたのですが、つくしもつかさもゴロゴロスリスリ甘えてきたり、肩や背中に上ってきたり、
どんどん懐いてくれました。
このことで、動物には相手が自分に対して敵意を持っているかどうかを本能的に判断する能力が備わって
いるんだなぁ…としみじみ感じました。


写真左: つかさ、推定生後約2ヵ月半。 写真右: 推定生後約3ヵ月。
よく寝てよく食べよく遊び、短い間にもどんどん成長していきます。
20080722_142124.jpg 20080809_111958.jpg

写真左: 保護して1ヵ月が経った頃。 写真右: 保護してからちょうど2ヵ月。
赤ちゃん猫から子猫になってきました。2匹はあいかわらず仲良しです。
20080803_131829.jpg 20080824_210150.jpg

生後約4ヵ月。
動物は雄と雌が一緒にいるとオマセさんになって発情が早まるそうで、普通よりも早めの手術を勧められました。
20080824_215446.jpg 20080831_191836.jpg

つかさは9/1に去勢手術をしました。
傷口の化膿止めの抗生物質でおなかをこわしてしまったのですが、そのウンチと一緒になんと回虫も出現!!
保護したときに検便はしていたのですが、そのときには回虫さんは隠れていたようです(笑)
駆虫薬を飲ませると、輪ゴムのような回虫がウンチと一緒にニョロニョロ(お食事中の方ゴメンナサイ)。
なかなか衝撃的でした(汗)

つくしは9/20に避妊手術をしました。
麻酔の影響で一時的に性格が変わり、病院から帰ってきてもキャリーから出て来ずに中でウーウーシャーシャー
唸りっぱなし。
そんなつくしが入ったキャリーのまわりを、つかさがオロオロしながら心配そうにウロウロしていた姿を
今でも覚えています(笑)

写真左: 実はお腹の中で回虫を飼っていたつかさ(笑) 写真右: 手術の翌日も麻酔でボーッとしていたつくし。
20080919_070604.jpg 20080921_171806.jpg


手術の傷跡も良くなり、季節はいつのまにか夏から秋、そして冬へ。

写真左: 9月半ば、生後約4ヵ月半頃のつくしとつかさ。
写真右: 11月初め、生後約6ヵ月頃のつくしとつかさ。
1ヵ月半の間に顔つきも体つきも大人っぽくなりました。
20080919_070514.jpg 20081105_084028.jpg

生後5~6ヵ月頃になると、それぞれの性格も徐々にはっきりしてきました。
つくしは甘えたいけど抱っこは嫌…というような、「一般的な猫のイメージ」的なミステリアスな性格。
つかさは三枚目キャラ。エアコンの上に上って誇らしげにしているのかと思いきや、天井とエアコンの間に挟まって
出られなくなって必死に助けをもとめていたときには家族全員涙を流して笑いました(笑)。
20081108_110654.jpg 20081201_215348.jpg

つくしとつかさに出会って猫という生き物の魅力を知ることができて本当によかった。
猫は、本当にかわいいかわいい、毛皮を着た魔物です♡ 

猫が昔、日本では妖怪、西洋では魔女の使いなどとして恐れられていたのは、きっとこの魔力のような
魅力のせいに違いないと勝手に納得しています(笑)
20081105_083904.jpg 20081208_220844.jpg


2008年12月。つくしとつかさがやってきて一気に猫漬けになった我が家はおだやかな年の瀬を
迎えようとしていました。
20081220_215116.jpg


新しくやって来る年が、さらに猫まみれになる運命にあるとも知らずに…(笑)


(つづきます…(^_^;))










スポンサーサイト
web拍手

| 猫来たる | 03:08 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。