| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

そうじろうのこと。

そうじろうは今年の7月18日(土)に我が家にやってきました。

その日は3連休の初日で、次の日にワンコ仲間たちとバーベキューに行くことになっていた私。
何かスイーツを持って行きたいと思ったので、焼菓子でも買おうとケーキ屋さんに立ち寄りました。
地元でも有名で、私も何度も来たことがあるお店です。

車を停めようとお店の裏手にある駐車場に回ると、猫が2匹いるのが見えました。
そういえば前に来たときにも道路の端の側溝の蓋の上に猫の缶詰とドライフードが撒いてあるのを見て
ここで野良猫さんにゴハンをあげてる人がいるんだなぁと思ったことを思い出しました。

でも、その場所で猫を見たのはその日が初めて。
2匹の猫は成猫と子猫でした。

そのときは母と一緒に買い物に行った帰りで、ちょうどつくしとつかさに買ってきたおやつが手元にありました。
母はそのおやつを手に先に車から降り、その猫たちに近づいて行きました。
どちらも首輪はしていないので野良猫のようです。

車を駐車場に入れてから私も猫たちに近寄って行きました。
成猫は野良猫らしいとても鋭い目をしていました。母がおやつを見せても警戒して近寄ってきません。
子猫のほうはつくしとつかさを保護したときよりは大きかったのですが、風邪をひいているようで
鼻が少しグスグスしていました。

するとその子猫。
まったく警戒する様子もなくトットットッと母に近づいてくると、まるで吸い寄せられるように母の手の中に
スルリと入ってきたのです。

またしても、その時点で母の心は決まっていました(笑)

かくして、次の日のバーベキューに持って行く焼菓子そっちのけでその子猫を抱えて車に乗り込み
そのままかかりつけの病院に直行しました。

保護直後の子猫。病院の待合室にて。
090718_175250.jpg

診察の結果、生後3~4ヵ月の男の子。猫風邪をひいているけれど、栄養状態は悪くないと言われました。
野良猫にしては人間に慣れているので、あの場所で誰かにゴハンをもらって面倒を見てもらっていたのかもしれません。
FeLVとFIVは陰性でしたが猫風邪をひいているのでワクチンは回復してからということになり、その日は薬をもらって
帰宅しました。

その日の夜、つくしとつかさとは接触させないように別の部屋で放してあげると、部屋の隅に隠れてウーウーシャーシャー。
ケージに入れるため、隅っこから引っぱり出そうとすると大暴れ(汗)

子猫とはいっても少し大きくなっているだけに、やっぱりつくしとつかさのときとは違うね、と母も私も
少し不安を感じました。

保護3日目の朝。少し落ち着いてきました。
090720_064754.jpg

子猫は、また花男つながりで「そうじろう」と名づけました。
つくし、つかさ…ときたら、順番的には「るい」なんでしょうけど(笑)、なんとなくピンとこなかったんですね。

そうじろうはお腹に虫はいなかったものの、うちに来てからずっと下痢をしていて、風邪が治ったらと
予定していたワクチンもなかなか接種できず、しばらくの間つくしとつかさと一緒にすることができませんでした。

うちに来てわずか10日でこののさばりぶり(汗) 大物の予感(笑)
090728_225827.jpg

そうじろうを保護した時点では、実はつくしとつかさはFeLVとFIVの検査をしていませんでした。
つくしとつかさを保護した頃は猫に関してまったくの無知だったうえに、そのときはなぜか病院でも
検査を受けるようにとは言われず…。
もちろんそうじろうを保護した頃にはFeLVとFIVのことは知っていましたが、たとえキャリアだったとしても
つくしとつかさを手放すつもりは一切なかったので、あえて検査は受けていませんでした。

でも、もし仮につくしとつかさがキャリアだった場合そうじろうに感染予防の対策が必要になるため、これを機に
検査をすることに。
結果、つくしもつかさもFeLV・FIVとも陰性でした。


そうじろうの風邪が回復して下痢も良くなりワクチンを済ませると、3匹一緒の生活が始まりました。

すると予感は的中。
そうじろうはつくしとつかさに四六時中ちょっかいを出し続けるという大物KY猫の頭角をすぐに現し始めました(笑)

つかさはやさしいので、いちばんの標的に…(;^ω^)
090819_131600.jpg

まだまだいっぱい遊んでたっぷり甘えたいお年頃だったんでしょうね。
090819_110936.jpg

そうじろうはやんちゃだけど憎めないキャラ。どんどん家猫らしくかわいくなっていきました。
090822_234520.jpg 090823_002205.jpg

うちに来て1ヵ月半。もう野良猫だった頃の面影はありません。
090831_184934.jpg 090912_232620.jpg

なかなかそうじろうを受け入れなかったつくしも、2ヵ月かかってようやく一緒に寝るまでになりました。
090819_090143.jpg 090914_072021.jpg

うちに来るまで、どこで生まれてどんなふうに育ってきたの?
090918_200038.jpg

つい先日、そうじろうを保護したあのケーキ屋さんの駐車場まで行ってみましたが、辺りに猫は見当たりませんでした。
あのときそうじろうと一緒にいた険しい顔の野良の成猫は、そうじろうのお母さんだったのかなぁ。
でも、そうじろうが拉致されているところ見てもまったく騒ぎもしなかったし、そもそも顔立ちも毛色も体型も
そうじろうとはまったく違っていました。

そうじろうの先輩猫さんだったのかもしれませんが、あのときそうじろうに引き合わせてくれたことに感謝です(´∀`*)


うちに来て1ヵ月経った頃。当然この頃に比べて体は大きくなりましたが…
090819_131618.jpg

相変わらず甘えん坊で、やることもあまり変わってません(;´∀`)
IMGP1706.jpg

現在推定生後9ヵ月。我が家の「お山の大将」、そうじろうなのでした(*´∀`*)
IMGP1649.jpg








スポンサーサイト
web拍手

| 猫来たる | 00:00 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

猫との出会い⑦

そうじろうが来て2ヵ月半ほどが経った10月5日。

またもや犬たちと朝の散歩に出た母が子猫を見つけて保護しました。まあちゃんです。

20091110_204240.jpg

(まあちゃんの保護の経緯はこちら。)

そうじろうは推定2009年3月生まれなので生後約7ヵ月。まあちゃんは生後約5ヵ月。

月齢の近い2匹はお互いにとって絶好の遊び相手になりました。

遊ぶというよりも…
20091122_000341.jpg

…かじり合い(笑)
20091205_193620.jpg


こうして、唐突に、そしてあっけなく遊び盛りのそうじろうの相手から解放されたつくしとつかさ(笑)

「さいきんなにかものたりないきがするのはなぜだにゃ…?」by つかさ。
20091115_211148.jpg

「だからこどもはきらい。」by つくし。
20091205_213106.jpg


そうじろうとまあちゃんはまだまだ元気いっぱい。にぎやかな日々はまだしばらくは続きそうです。


つくしとつかさの物語を書くにあたって、あらためて2匹が捨てられていた場所を見たいと思い、
2匹を保護した弟に一緒に行ってもらいました。

シクラメンなどの花を栽培している園芸農園。住宅街の中にあります。
写真には写っていませんが、まわりには比較的新しい戸建が立ち並んでいます。
IMGP1483.jpg

このあたりにつくしとつかさが入った発砲スチロールの箱が置いてあったそうです。
ここからすべてが始まったんですね。
IMGP1481.jpg


猫は自分で飼い主を選んでやって来る、という話を聞きました。

だとしたら、つくし、つかさ、私たち家族を選んでくれてありがとう。
あなたたちに選んでもらえた私たちは幸せです。

IMGP1083.jpg


あなたたちが来てくれたから、そうじろうとまあちゃんも今ここにいます。
4匹の猫に囲まれて、猫漬け猫まみれの生活を送ることができて、私たち家族はとっても幸せです♡

そして、あなたたちを幸せにすることが私たちの幸せです。

IMGP1518.jpg


どうか、もっともっと小さな命が大切にされるやさしい世の中になりますように。

心からそう願いつつ、これからもケモノたちとの生活をつづっていきたいと思っています。

思い出したときにでも、またつくしとつかさ、そうじろう、まあちゃんに会いに来ていただけたら
うれしいです♡




ひとまず、つくしとつかさの現在に至るまでのお話はこれで終わりです。
そうじろうを保護したときの経緯は、後日また書きたいと思っています。

長い話にお付き合いいただきありがとうございました!









web拍手

| 猫来たる | 00:00 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

猫との出会い⑥

7月18日。我が家に新メンバーの子猫が加わりました。チビデビル・そうじろうです。
20090819_112906.jpg

「しんめんばーなんて…きいてないよぅ…」
20090727_085042.jpg


そうじろうも外で保護した子猫ですが、その経緯はまた後日お伝えすることにして…

突然現れた子猫に対するつくしとつかさの反応は分かれました。

そうじろう: 「ねーたん、なにしてるでしゅか?」
つくし: 「…。(シカト)」
20090905_203858.jpg

そうじろう: 「ねーたぁ~ん♪」
つくし: 「…。(シカト)」
20090916_205414.jpg

対して、そうじろうに甘えられるつかさ。そうじろうも、つかさは甘えさせてくれるとわかっていたのかも。

そうじろう: 「おかあしゃ~ん♡」
つかさ: 「あれ?ぼくっておんなのこだったっけ…?」
20090819_112510.jpg

戸惑いながらもそうじろうを受け入れる、心やさしいつかさ(笑)

そうじろう: 「おかあしゃん、やっとあえたでしゅ。」
つかさ: 「そういわれてみればそんなきもしてきたような…」
20090819_112236.jpg

暴走するそうじろうに、ときには母として(?)厳しい愛のムチも。

「ごるぁっ(怒)」
20090819_112558.jpg

「めっ!」
20090819_112842.jpg


つかさはやさしいね♡

「ふぅ…こもりはつかれるにゃ…」by つかさ。
20090819_111056.jpg

「こどもはきらい。」by つくし。
20090915_200000.jpg

1歳を過ぎて落ち着いた毎日を送っていた2匹の生活は、そうじろうの出現で一変しました。

元気いっぱいのそうじろうに毎日追いかけられて、2匹がぐったりしていることもしばしば(笑)
20090819_121304.jpg

つくしは相変わらずそうじろうを相手にせず、避け続けていました。
ただ、猫は気が合わないと殺し合ってしまったりすることもあると聞いていましたが、幸いそういうレベルではなく
単につくしがそうじろうをうっとおしがっているだけのように見えました。

どうなるかと思いながらも、猫のことは猫同士にまかせておくのがいちばんだと思い、見守っていました。
すると、しばらくしてつくしもそうじろうの存在を受け入れてくれたようです。

そうじろうが来て2ヵ月目にやっと撮れた、初めての3ショット。
20090916_230550.jpg


遊び盛りのそうじろうの相手でヘトヘトになる日々。

「ムニャムニャ…zzz」by つかさ。
20090918_192246.jpg

「やっぱりこどもはきらい。」by つくし。
20090918_200724.jpg

わずか2ヵ月ですっかり溶け込んだそうじろう。
20090918_203722.jpg


ところが、つくしとつかさがそうじろうの遊び相手から解放される日は、それからそう遠くなかったのです。



(つづく)








web拍手

| 猫来たる | 12:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

猫との出会い⑤

新しい年が明けました。

つくしとつかさは生後8ヵ月になり、体もある程度大きくなってもう子猫というよりは若猫という雰囲気に
なってきました。
写真右: つかさはかくれんぼ好きなことが判明(笑)
20090102_214000.jpg 20090206_211114.jpg

子猫の頃は2匹で転げまわるようにして家中を走り回っていましたが、2匹で静かに寝ていることも
多くなりました。
もう落ち着いてきちゃったのかぁ…とちょっとしんみり(寂) 
20090130_151958.jpg

2月。2匹にとって生まれて初めての冬。DVDレコーダーの上などのあったかいところが定位置になっていました。
我が家にはこたつがないので、ペット用のこたつを買ってあげました。
20090219_214551.jpg 20090226_203112.jpg

3月。生後10ヵ月。もう顔も今の顔になっていますね。
20090310_071926.jpg 20090310_33626.jpg

写真左: ケージの中で。 写真右: 4月のつくし。そろそろ1歳になります。
20090311_071640.jpg 20090426_074814.jpg

写真左: 5月。推定1歳。 写真右: 6月。2匹が我が家に来て1年が経ちました。
20090521_073656.jpg 20090613_170232.jpg

つくしとつかさ、そして我が家はおだやかな毎日を送っておりました。
20090522_235806.jpg 20090715_130030.jpg


そして7月。

写真左: なぜか2匹ともエアコンの送風口をガン見(笑) 写真右: めずらしくシンクロ。
20090715_233302.jpg 20090723_204842.jpg

この平和なつくしとつかさ、そして我が家の生活に異変が…。

↓異変(笑)
20090725_233120.jpg


(つづく)







web拍手

| 猫来たる | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

猫との出会い④

嫌がってもがくつくしとつかさに2種類の目薬を点し、手をベタベタにしながら喉の奥にシロップを流し込む日々が
しばらく続き、2匹の風邪は良くなっていきました。
私は「薬担当」として毎日朝晩薬をあげていたので「嫌なことをする人」として子猫たちに嫌われてしまうの
では…と心配していたのですが、つくしもつかさもゴロゴロスリスリ甘えてきたり、肩や背中に上ってきたり、
どんどん懐いてくれました。
このことで、動物には相手が自分に対して敵意を持っているかどうかを本能的に判断する能力が備わって
いるんだなぁ…としみじみ感じました。


写真左: つかさ、推定生後約2ヵ月半。 写真右: 推定生後約3ヵ月。
よく寝てよく食べよく遊び、短い間にもどんどん成長していきます。
20080722_142124.jpg 20080809_111958.jpg

写真左: 保護して1ヵ月が経った頃。 写真右: 保護してからちょうど2ヵ月。
赤ちゃん猫から子猫になってきました。2匹はあいかわらず仲良しです。
20080803_131829.jpg 20080824_210150.jpg

生後約4ヵ月。
動物は雄と雌が一緒にいるとオマセさんになって発情が早まるそうで、普通よりも早めの手術を勧められました。
20080824_215446.jpg 20080831_191836.jpg

つかさは9/1に去勢手術をしました。
傷口の化膿止めの抗生物質でおなかをこわしてしまったのですが、そのウンチと一緒になんと回虫も出現!!
保護したときに検便はしていたのですが、そのときには回虫さんは隠れていたようです(笑)
駆虫薬を飲ませると、輪ゴムのような回虫がウンチと一緒にニョロニョロ(お食事中の方ゴメンナサイ)。
なかなか衝撃的でした(汗)

つくしは9/20に避妊手術をしました。
麻酔の影響で一時的に性格が変わり、病院から帰ってきてもキャリーから出て来ずに中でウーウーシャーシャー
唸りっぱなし。
そんなつくしが入ったキャリーのまわりを、つかさがオロオロしながら心配そうにウロウロしていた姿を
今でも覚えています(笑)

写真左: 実はお腹の中で回虫を飼っていたつかさ(笑) 写真右: 手術の翌日も麻酔でボーッとしていたつくし。
20080919_070604.jpg 20080921_171806.jpg


手術の傷跡も良くなり、季節はいつのまにか夏から秋、そして冬へ。

写真左: 9月半ば、生後約4ヵ月半頃のつくしとつかさ。
写真右: 11月初め、生後約6ヵ月頃のつくしとつかさ。
1ヵ月半の間に顔つきも体つきも大人っぽくなりました。
20080919_070514.jpg 20081105_084028.jpg

生後5~6ヵ月頃になると、それぞれの性格も徐々にはっきりしてきました。
つくしは甘えたいけど抱っこは嫌…というような、「一般的な猫のイメージ」的なミステリアスな性格。
つかさは三枚目キャラ。エアコンの上に上って誇らしげにしているのかと思いきや、天井とエアコンの間に挟まって
出られなくなって必死に助けをもとめていたときには家族全員涙を流して笑いました(笑)。
20081108_110654.jpg 20081201_215348.jpg

つくしとつかさに出会って猫という生き物の魅力を知ることができて本当によかった。
猫は、本当にかわいいかわいい、毛皮を着た魔物です♡ 

猫が昔、日本では妖怪、西洋では魔女の使いなどとして恐れられていたのは、きっとこの魔力のような
魅力のせいに違いないと勝手に納得しています(笑)
20081105_083904.jpg 20081208_220844.jpg


2008年12月。つくしとつかさがやってきて一気に猫漬けになった我が家はおだやかな年の瀬を
迎えようとしていました。
20081220_215116.jpg


新しくやって来る年が、さらに猫まみれになる運命にあるとも知らずに…(笑)


(つづきます…(^_^;))










web拍手

| 猫来たる | 03:08 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。